jobs

仕事辞めたいことを上司に相談する方法と仕事の状況を変えたいと思う4つの状況

転職を検討していることは前向きなことです。
ただ、問題はどうやって上司に伝えるかです。

仕事の状況を変えたいと思う4つの理由と、それを上司にアプローチする方法は次のとおりです。

仕事で何か新しいことに挑戦したい時

仕事辞めたい_挑戦
あなたが慢性的に仕事中に時計ばかり見ていて、同じことを別の日もつぶやいていることに気付いた場合は、仕事で何か新しいことを試す時期かもしれません。
これは、新しいグループに参加することや、新しいスキルを学ぶ、またはより挑戦的な仕事に取り組むことを意味する可能性があります。

あなたがやりたいことが何であれ、それについて率直かつ正直になりなさい。

上司に仕事を辞めたいと相談する方法

上司に、自分が楽しめる仕事に挑戦し続けたいと説明します。
その挑戦が、今の業務や別業務なども検討したが難しいため転職すると伝えます。

もし、今の会社で転職に役立つスキルが学べるなら、その業務をやらせてもらうか相談するのもいいでしょう。

勉強する時間を作りたい時

仕事辞めたい_勉強
あなたは自分の仕事の中で、挑戦も刺激も受けない経験していて、知識を拡大する必要性を感じていますか?
もしそうなら、あなたが勉強するためにあなた自身にいくらかの時間が必要であると上司に言うのが最善かもしれません。

しかし、上司に相談する前に何を勉強したいのか、今からでも可能なのかを調べてからにしてください。
オンライン、大学、またはコミュニティセンターで、自分の興味に合った勉強が出来る場を見つけてください。

上司に仕事を辞めたいと相談する方法

勉強したいという気持ちと仕事を続けたいという気持ちの両方が可能か相談するのがいいでしょう。
両立の方が収入的にも安心出来るはずです。

上司は、あなたが興味を持って仕事を行えていないことを理解して、興味の持てる業務や両立が可能な業務に割り振ってくれるはずです。
将来、会社に利益がありそうなら多少のワガママやプラスでお金を払うことさえ提案するかもしれません。

新しいキャリアを追求するために移動したい時

仕事辞めたい_転職
あなたが仕事で満たされていない場合、転職を考えるでしょう。
ただ、上司に相談する時には理由が必要で、どれほど今の仕事が嫌か伝える必要があります。

結局のところ、理由がなくても「キャリアのため〜」「給料が〜」などの理由を求められるので考えておきましょう。

上司に仕事を辞めたいと相談する方法

上司との面談を依頼し、時が来たら上司にあなたの意図を知らせてください。
上司は、あなたの最終日がいつになるか?どの仕事を終わらせる必要があるか?そして引き継ぎ内容を知りたいはずなので、可能な限り前もって用意しておきましょう。
そして、理由と共に状況と考えを相談しましょう。

仕事を辞めるのではなく長期休暇や有給を取りたい時

仕事辞めたい_休暇
多くの人が旅行や休暇を夢見て椅子に座っていますが、思い切って行動する人はほとんどいません。
これらのことをするために休暇を求めるだけでも、乗り越えられない巨大な障壁のように感じます。

しかし、そうではありません!
それはすべて、あなたの感情を発声し、上司が共感できる方法でそれらを組み立てることが出来ます。

上司に休暇を申請する相談方法

上司と話をする前に、休暇がビジネスに与える影響を検討し、それを軽減するためにできることは何でも書き留めてください。
柔軟な出発日と帰国日を含む時間枠を念頭に置き、この時間中にあなたの仕事がどのように扱われるかを考えてください。

上司が、一時的な交代要員を雇う必要がありますか?
それともあなたの同僚の一人があなたの責任を吸収することができますか?

ビジネスに対する要求を考慮していることを示すことで、休暇を取れる可能性は高くなるでしょう。

まとめ

上司に仕事を辞めたいと相談した時に、隣接する業界ならあなたを推薦したり、転職のために必要なことを教えてもらえるかもしれません。

なので、感情に任せてキレながら辞めるのではなく、いい人として会社を去る準備をしましょう。そうすれば、良いことが必ず起こります。

あなたがやりたいことが何であれ、それについて率直かつ正直になりなさい。

\仕事を辞める準備できてる?/
仕事辞めたい
仕事を辞めたい!あなたが仕事を辞める準備ができている18の明白な兆候
「仕事を辞めたい!」あなたは何回思い、口にしてきたでしょうか?
悩み続け、あなたは毎日苦痛な日々を送っているはずです。
仕事を辞めることは、考えているほど不安なことではありません。

タイトルとURLをコピーしました