jobs

今すぐ仕事を辞めるのが正しい選択か見極める!

今、あなたはすぐに仕事を辞めたいと考えていることでしょう。
果たして、それは正しい選択でしょうか?

今すぐ感情的に仕事を辞めるのではなく、辞めることが正しい選択か真剣に一度考えるべきです。
辞表を提出すると、もう今の仕事に戻ることは難しくなるからです。

この記事は、今すぐ仕事を辞めるのが正しい判断か見極めるのに役に立ちます。

今すぐ仕事を辞めるのが正しい10の場合

仕事辞めたい_すぐ

1.新しい仕事を見つけている

今すぐ仕事を辞める最も良い理由は、あなたが新しい職場を見つけたということです。
ただし、仕事を辞める前に、転職が確実か確認して自分のデスクを片付けてから辞表を提出するなど、すべて問題がないか確認してください。

2.今の仕事が嫌いで辞めた後の計画も完璧

嫌いなだけで、すぐに仕事を辞めないでください。辞めたら人生終わりではありません。
そこからが再出発です。

戦略的に、退職と再出発の計画が出来ていることが大切です。

3.病気

個人的な病気や家族の病気は、どちらも今すぐ仕事を辞める正当な理由です。
辞めることが正当な理由である場合(あなたまたはあなたの家族の誰かが慢性的に病気である場合)、あなたが去った後も健康保険の適用を継続してくれるか確認してください。

また、個人または家族の病気により、家族休暇および医療休暇の対象となる場合があるので辞める前に確認しておきましょう。

4.困難な作業環境

同僚、上司、そしてオフィス環境はすべて、あなたのやる気を削ぐ可能性があります。
彼らは、職場をあなたが仕事をしにくい場所に変えることができます。

あなたが働きやすいように色々と試したが、何も改善されない場合は、あなたは仕事を辞める決定をする必要があるかもしれません。
困難な作業環境で働いても、精神的に良い方向には進まないでしょう。

5.スケジュールと時間

仕事のスケジュールが変わって、育児や家事などが満足に行えない場合は仕事を辞めて、自分のスケジュールに合った仕事を探す必要があるかもしれません。
スケジューリングの問題は、仕事を辞めるための正当な理由です。

6.学校に入学する

パートまたは正社員で学校に戻るには、仕事を辞めて転職も視野に入れましょう。
学校の時間割と仕事の要求を考えると、現在の雇用はもはや適切ではないかもしれません。

もし、柔軟に対応してもらえるなら、会社に残ってもいいですが周りからの圧力も考えておきましょう。

7.転職

同じことを長い間やっていた、何か違うことをしたい、あるいは多くのストレスを感じたために、仕事を辞めた人は少なくありません。
別のことをしたい場合は、キャリアを変更するという決定は理にかなっています。

8.移転。

引っ越すときは、会社に転居したり、リモートで仕事をしたりする機会がない限り、仕事を辞めなければなりません。
引っ越しの際でも、どうしても仕事を続けたい場合は、転居や在宅勤務が選択肢にあるかどうかを確認してください。

9.正社員へのキャリアアップのため

あなたが、派遣などの臨時雇用者またはパートタイムの仕事で働いていて、正社員になれるチャンスがあるなら辞める理由になるでしょう。

今の仕事で、正社員の可能性がなさそうなら、正社員としての採用が正式に決定してから辞めましょう。

10.あなたの腸が限界を感じている

決定を下すための最良の方法は、あなたの腸に耳を傾けることです。
あなたの腸があなたにやめるように言っているなら、それを聞いてください。

今すぐ仕事を辞めることにした場合に知っておくべきこと

すぐ仕事辞める
仕事を辞める決心をしたら、できるだけスムーズに退職することが重要です。
仕事を辞める理由を説明するときに何を言うべきかわからない?

辞める時に何を言うか

自己都合で辞める場合は、「一身上の都合で〜」と答えれば多くの理由はカバーできます。
「〜が嫌で辞めます」など不要なことは言う必要はありません。業界や地域が狭い場合すぐに噂は広まりあなたにとってデメリットになります。

もし、会社都合で辞めることになった場合は、どんな会社の都合で退職する必要があるのか理由を明確に伝えましょう。

簡潔に明確に伝えて、不満は伝えないということが大切です。

通知する

ほとんどの会社では、2週間前に通知するのが標準です。
ただし、場合によっては、通知を提供したくない、または提供できないことがあります。
提供できない場合とは、通知が困難または危険な状況化にある場合に当てはまります。

必要な通知を提供できない場合は、より早く雇用を終了できる方法があるかどうか雇用主に尋ねて状況に合わせて行動しましょう。

失業手当

あなたは失業補償の対象とならないかもしれません。
正当な理由なく仕事を辞めた場合、失業手当の対象とならない場合があります。
辞めた時の失業の資格は、どうなるのか意思表示前に調べるか聞いておきましょう。

質問に答える準備をする

もし、次の仕事が決まってない状態で辞める場合は、求職に応募する準備をする必要があります。
なぜ仕事を辞めたのかについて、面接の質問に答える必要があり、多くの場合必ず聞かれます。

自分の状況に合わせて、回答を用意しておきましょう。

自分にとってマイナスにならないことを考え、正直に退職理由は伝えましょう。
なぜ辞めて、なぜこの会社で働きたいのか、一貫性のある理由が必要です。
前向きな理由で退職したことが、伝われば好印象を持ってもらえるでしょう。

さいごに

この記事以外にも、仕事を辞めるための情報は多くありますが、実際に仕事を辞める時は本当に勇気が必要です。
何年もの間、仕事を辞めることを考えて決断をした人もいるでしょう。

転職や退職は、間違いなく人生で最も大きなキャリアの変化です。

私たちは皆、自分のキャリアを使って自分自身を定義する傾向があります。
しかし、本当に大切なのは〇〇社の〇〇さんという肩書ではなく、あなた自身が楽しめる仕事かどうかが重要です。

楽しいと思った仕事は、きっとあるはずです。
辛い時間や嫌な仕事で、あなたは人生の時間を使うか真剣に考えてみましょう。

\仕事を辞める準備できてる?/
仕事辞めたい
仕事を辞めたい!あなたが仕事を辞める準備ができている18の明白な兆候
「仕事を辞めたい!」あなたは何回思い、口にしてきたでしょうか?
悩み続け、あなたは毎日苦痛な日々を送っているはずです。
仕事を辞めることは、考えているほど不安なことではありません。

タイトルとURLをコピーしました