jobs

仕事辞めたい理由を理解してもらうための方法と例

今の仕事を辞める時や転職の面接で、聞かれる最も一般的な質問の1つは「なぜ現在の仕事を辞めたいのですか?(辞めたのですか?)」です。

あなたが退職する理由を知ることで、仕事で何を重要視していて、望ましくない状況にどのように対処するかについて詳しく知ることができます。

この質問に答えるにはいくつかの方法がありますので、退職の話を切り出す前や面接前に時間をかけて思慮深い答えを準備してください。

ここでは、回答方法の例と、最適な選択をするためのヒントをいくつか紹介します。

仕事を辞める一般的な理由

  • 会社の理念に共感できない
  • 現状の給料に満足していない
  • 会社が廃業・倒産する
  • 過小評価されている
  • 新しい挑戦をしたい
  • 昇進したい
  • 家族や個人的な理由
  • 仕事の時間が楽しくない/辛い
  • 転勤する
  • 別の仕事に付きたい
  • 学校に戻ることした
  • 企業文化と合わない
  • 今よりも良いと思える会社を見つけた
  • 健康上の理由
  • 解雇された

このような理由で仕事を辞める人が多いです。
このまま伝えるのではなく、退職を伝える際には明確な回答が必要です。

「なぜ現在の仕事を辞めたいのですか?」に対する回答方法

「なぜ現在の仕事を辞めたいのですか?」に対する正確な回答方法

1.明確な辞める理由を説明する

時間をかけて、なぜ辞めるべきなのか理由を説明できるように、自分の気持ちを明確にしておきましょう。
曖昧な理由ではなく、自分も相手も理解出来るような説得力のある理由が必要です。

もし、まとまらない場合は、次の質問に回答してなぜ辞める必要があるのかを考えることが大切です。

  • あなたの価値観は何ですか?
  • あなたのキャリアのゴールはなんですか?5年後、10年にどうなりたいですか?
  • あなたは仕事で何を目標にしていますか?
  • あなたは今の立場についてどう思いますか?不満はありますか?
  • 同僚との関係はどうですか?上司との関係は?
  • どの業界になりたいですか?
  • 会社の使命に情熱を持てますか?
  • あなたの現在の状況はこれらの答えと一致していますか?なぜまたはなぜそうではないのですか?

妊娠や引っ越しなどのために新しい仕事を探している場合は、そのまま伝えましょう。

2.答えを短くしてください

なぜ仕事を辞めたいのかを説明する上で、質問に完全に答えることは重要ですが、1つか2つの文で答えてください。
次に、あなたが今の仕事に最適ではない人物である理由を話します。

分かりやすくするために、簡潔に結論から論理付けて話すといいでしょう。

3.前向きな姿勢を保つ

ネガティブな経験が、あなたの離職理由だとしても、説明する時にはポジティブな退職理由を伝えましょう。
「辞めることを伝える→改善するからと言われる→改善されない→辞めることを伝える→改善するからと言われる→改善されない→」
とループになる可能性は高いでしょう。

4.詳細になりすぎないように正直に

あなたは、すべてを詳細に語る必要はありません。
現在の仕事に満足できない場合でも、同僚や上司を軽蔑することなく辞めましょう。

次の転職先が、あなたの前職の会社に連絡するかもしれないことを覚えておくことは重要です。
あなたの前職の会社と連絡を取り、給与範囲を確認したり、業務内容を聞く場合もあるので注意しましょう。

仕事を辞める理由を組み立てる方法

仕事を辞める理由を組み立てる方法
仕事を辞める理由が明確になったら、次のステップは相手があなたの答えをどのように解釈するかを検討することです。
うまく理解されない可能性のある理由をいくつかの例として紹介します。

次のいずれかが、退職理由内にある場合は紹介する代替案に変更しましょう。

「私は会社が好きではありません。」

すべての会社には良い面と悪い面があります。
少し時間を取って、自分が働いている会社が気に入らない理由を考え、これを使用して、より前向きで明確な応答を作成してください。

代替案

「この会社でレベルアップでき、素晴らしい経験を得ることが出来ました。
その中で、成長し続けながらモチベーションが必要であることがわかりました。
ただ、成長するにつれて別の仕事に挑戦したいモチベーションが高くなり、徐々に意欲は下がってきました。
このままでは、個人としての成長に影響があると考えられるため、退職を決意いたしました。」

「もっと給料が欲しい」

これを伝えるべき理由であるかは慎重に検討してください。
「給料を上げればいいのか」「1円でも上げればいるということか?」「来年に上げる約束してそれまで働いてもらおう」など様々な方法で解釈することができます。

代替案

「私は、クライアントの満足度や会社の利益が重要だと考えています。
しかし、それらを実現するには仕事への情熱が欠かせません。
私は、報酬がモチベーションであり、情熱の根源でもあります。
そのため、モチベーションが高くなる報酬を提示して頂ける他社へ転職するため退職させて頂きます。」

「私は仕事に不満があります」

辞めたいというこの理由は、あなたが現在の役割で行っている仕事に対する不満から来ている可能性があります。
多くの場合、これは、自分のスキルや能力に合わない、またはやりがいのない仕事をしていることを意味します。

代替案

「コミュニケーションや時間管理など、この役割での経験で重要なスキルを身に付けましたが、
リーダーシップとスキルを磨くことにもっと集中したいと思います。
これらのスキルを伸ばすために、より多くの機会がある会社への転職をするため退職致します。」

「勤務時間に問題があります。」

残業などにより、プライベートとのバランスが取れなかったり、帰りにくい雰囲気もあるでしょう。
あなたは、時間をうまく管理する方法を知っていて、効率のいい方法をしっているはずです。

なので、以下のように言い換えて説明しましょう。

代替案

「私は仕事と生活のバランスが取れているときに最善の仕事をすることを知っています。
上司や同僚へのコミットメントは私にとって大きな意味があり、それらのコミットメントを効率的に実行する日々を計画しています。
自分のスケジュールの所有権を尊重し、必要に応じて柔軟性を持たせる会社で働くことは私にとって重要です。」

仕事を辞める正当な理由

仕事を辞める正当な理由
職場で成長するにつれて、新しい学習の機会、キャリア開発、新しい環境、およびその他の要因を模索するにつれて、ある仕事から次の仕事への自然な流れがあります。
あなたが新しい仕事を探している正当な理由のいくつかの例を見てみましょう

1.キャリアの成長を求めて

企業の構造によっては、他の企業よりも成長する機会が多い企業もあります。
別の方向に成長しようとしている場合は、チームや部門を変更することも難しい場合があります。

あなたのキャリアの中で新しいレベルに移動したいという願望は、仕事を辞める一般的な理由です。
この状況にある誰かが、なぜ彼らが去るのかを説明する方法の例を次に示します。

「私は自分の役割と同僚が大好きですが、チームに成長の機会がなくなるまでになりました。」

2.キャリアパスを変更したい

人々が生涯でいくつかの異なる仕事やキャリアを探求することが、ますます一般的になっています。
学校に戻ったり、業界を変えたり、仕事を変えたいと思っているかどうかにかかわらず、キャリアを変えることは新しい仕事が必要になる理由の良い例です。

「現在の会社には存在しない、スキルを開発および拡張できる新しい機会を探しました。」

3.より良い機会を特定

おそらく、あなたは単により良い選択があるので、仕事を辞めようとしています。
それがあなたの職場環境が改善することを意味するか、あなたがより良い賃金を得るか、または会社の使命があなたの価値観によりよく一致することを意味するかどうかにかかわらず、より良い機会が来たときに新しい仕事の状況を探すことは合理的です。

「会社では多くのことを学びましたが、この機会についての調査から、このポジションは自分のキャリアを取りたい場所、具体的には部門の枠を超えたチームと協力して革新的な製品を開発するのに適していることがわかります。」

4.解雇

これは多くの人にとって現実であり、当然のことながら不安の原因となる可能性があります。
転職の際には、時間をかけて回答を準備し、次のガイドラインに従ってください。

  • 不必要な詳細に立ち入ることなく説明すること
  • 可能であれば、「解雇」という言葉の使用は避けてください
  • 状況から学んだことを説明する

次に例を示します。

「残念ながら、会社のリストラの影響を受け、従業員の15%が失われました。その間、私は次の動きを慎重に検討し、機会を調査してきました。
このポジションは、私が最も楽しんだ過去の仕事の一部を例示しており、私のキャリアで常に追求したいと思っていた方向に私を位置付けるので私は興奮しています。」

これらは、新しい機会を模索する必要がある多くの正当な理由のほんの一部です。
回答が何を伝えるかわからない場合は、信頼できる友人から理由についてフィードバックを得るようにしてください。

仕事辞めたい理由を伝えた時に聞かれやすい質問

回答方法によっては、相手が更に以下のような質問をする場合があります。

「会社でこのポジションを追求しようとしましたか?」
「新しい役割を探す前に、問題を解決しようとしましたか?」
「次の仕事はどの会社で何をいくらの年収でやるのか?」

これらを聞かれることも想定して、回答を考えておきましょう。

さいごに

新しい機会のために仕事を辞めることは非常に一般的です。
あなたの上司も、過去に仕事を辞めた人経験がある可能性も高いので、あなたの立場を理解してくれるでしょう。
上司が転職経験が無くても、あなたの会社を辞めるのは、あなたが最初ではないはずです。

理由を明確にし、対応を計画し、自分が仕事を辞めたいことを伝えましょう。

\仕事を辞める準備できてる?/
仕事辞めたい
仕事を辞めたい!あなたが仕事を辞める準備ができている18の明白な兆候
「仕事を辞めたい!」あなたは何回思い、口にしてきたでしょうか?
悩み続け、あなたは毎日苦痛な日々を送っているはずです。
仕事を辞めることは、考えているほど不安なことではありません。

タイトルとURLをコピーしました