jobs

自分にぴったり合った仕事を見つける方法

自分に合った仕事は、本当はどんな仕事なのか悩むことは多いでしょう。
今の仕事がベストな場合は、悩んでないと思います。

悩むということは、少しでも今の仕事に対して不満があるでしょう。

この記事で質問に答えることによって、どの仕事があなたに適しているかを発見出来るはずです。
今の仕事がベストなのか、他の仕事の方が自分に合っているか確認してみてください。

どの仕事があなたに合うかを決めるときに考えること

どの仕事があなたに合うかを決めるときに考えること
これから9個の質問をします。
質問と答えをメモすることで、自分に合った仕事が絞れるはずです。
騙されたと思って試してみてください。

  • あなたが転職を考えた原因、役割、チーム、組織、給料でしたか?
  • 最も勉強を楽しんだことは何ですか?
  • 友達のどんな仕事があなたを魅了しますか?
  • どのような仕事があなたを惹きつけましたか?
  • これまでに行ったすべての仕事の中で、最も楽しかったのはどれですか。その理由は何ですか?
  • 友達と話すのは、どんな内容が好きですか?
  • 楽しかった仕事は、何をしていたか、何を楽しんだか、何を達成したか?
  • すべての仕事が同じ給料の場合、あなたはどのような仕事をしますか?
  • 誰か他の人の仕事を1日試すことができるとしたら、それは何でしょうか?

多くの仕事がある中で、本当に興味があり、やりたい仕事の条件などある程度絞れたのではないでしょうか。

これを踏まえて、次で絞った仕事の中でもベストな1つを導き出していきましょう。

どんな種類の仕事があなたに合うか理解して行動する時にチェックすべき項目

どんな種類の仕事があなたに合うか理解して行動する時にチェックすべき項目

1.スキルを分析します

あなたのスキル、特に仕事以外で習得したスキルをよく思い出してみてください。
何が上手ですか?職場で使うことを楽しんでできる仕事は何ですか?

少し勉強したり、今のスキルを応用すればできそうな仕事も、さきほど絞った仕事の中から探してみてください。

2.理想的な仕事の条件を考えます

理想的な仕事ごとに、待遇や給料や求められる条件を調べましょう。
組織の働き方などの重要な要素について考えます。

次に、あなたが求める条件と照らし合わせます。
残った仕事が理想に近いでしょう。

3.飛躍する前に見てください。

転職活動の前に可能な限りの情報を調べてください。
求人情報だけに頼らずに、リアルなSNSの口コミも見ておきましょう。

実際に働いている人を見つけて、可能ならダイレクトメッセージで疑問をぶつけるのもいいでしょう。
そうすれば、あなたは仕事がどのようなものかを本当に知れてから後悔のない転職に挑めます。

4.転職エージェントに話を聞きに行く

転職エージェントは、無料で求人情報や専門的な情報を提供してくれます。
どんな仕事を探してて、自分が合格したらいくらの年収になるかなど細かく聞きましょう。

話を聞いたからといって、そこで転職しなくても全く問題ありません。
情報収集のために、無料で使い倒しましょう。

そのためには、現職で定時退社など努力することが求められます。
残業しそうな仕事は、ノーと言う必要が出てくることも視野に入れておきましょう。

5.メッセージを明確に伝えます

転職エージェントや転職先の面接時には、あなたが何をしたいのか、そしてあなたが何をしてきたかを焦点を絞った会話で提示する方法が求められます。

スキルとノウハウをすばやく要約し、組織を支援する方法を説明する準備をしてください。
求めるであろう答えの半分は事前に決めておき、それに合わせて説得するストーリーを準備しておきましょう。

6.退職時には冷静に気持ちを2週間前には伝える

転職活動が上手くいき、自分に合った仕事への転職が決定したら、今の仕事へ退職を伝えます。
退職は、退職希望日の2週間前までには意向を伝えることが必要とされています。

退職を伝える際は、辞めることと次が決まっているなど簡潔に伝える方がいいでしょう。
ここが嫌で辞めるや怒ってから辞める場合は、引き止められる可能性もあります。
なので、簡潔に退職の意向を伝えるのが大切です。

さいごに

自分に合った仕事は絞れたでしょうか。
絞れた仕事について、使える物は使って情報収集をしてベストな天職を導き出してほしいです。
天職を元に、転職プランを作成して行動に移すことで、あなたの人生は満ち足りたものになるでしょう。

\仕事を辞める準備できてる?/
仕事辞めたい
仕事を辞めたい!あなたが仕事を辞める準備ができている18の明白な兆候
「仕事を辞めたい!」あなたは何回思い、口にしてきたでしょうか?
悩み続け、あなたは毎日苦痛な日々を送っているはずです。
仕事を辞めることは、考えているほど不安なことではありません。

タイトルとURLをコピーしました